忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    TBS冬休み特別ドラマ「Happy!2」感想

    録画してあった「Happy!2」を先日見終えました。
    最後の最後でビデオテープが切れてしまったのですが、
    エンディングの部分は他の方の感想で知っていますので、
    あまり落ち込まずにすみました。
    すっきりしないことはしないんですけれど。
    それでは細かい感想をぼちぼち…。

    ストーリーはこちら→公式HP
    原作者浦沢直樹さんの思い入れのある作品とあって、
    基盤がきっちりとしてあり、見ていて先が非常に気になるお話です。
    (ドラマ1の時はほとんどストーリーを知らなかったのですが、
    2の放映後コミックを集め、一連のストーリーを知りました)

    ただこのドラマ…視聴率が良くなかったらしいです。
    キャストは合格点なのに残念です。

    噂通り、ドラマのつかみが悪かったせいだと思いました。
    サンダー牛山によからぬことをしているように思わせる描写がくどい。
    鶴瓶さんが演じているところからして、怪しさ全開ですから。
    浜ちゃんの特別出演はもっと別なところに使ってほしい。なんか笑えない。
    漫画的表現は許容範囲として、
    幸と圭一郎のもくもく雲のような、思い出語りは画的にかっこわるい。
    そして、
    前半がゆっくり進んでいるのに、後半はスピード上げた展開も気になりました。
    はじめっからテンポ良く進めたほうが良いのに、と思いました。
    仕方がないとはいえ、CMが邪魔でしたw(録画組みは飛ばせるから良いのですが)
    「Happy!3」を意識したエンディングだったそうですが、←反則技ですねケロ
    視聴率のせいで先行きは暗いとの見方です。

    私は続編を見たい派です!
    今回紗季ちゃんの演技がすごく良かったと思います。
    鰐淵に「こんなの間違っています。今のうち直したほうがいいです」
    とはっきり告げたシーンとか、←厳しい表情がかっこいい
    苦難にぶつかって悩んでいるシーンの表情とか、すごくはまっていました。

    ドラマは圭一郎と幸を中心に据えているようで、
    桜田さんの存在が薄くなりかけていました。
    もし続編をやるのなら、不器用な彼のせつない姿も描いてほしいです。
    蝶子は本当にどうしようもないけれど、
    ほんの少しだけかわいいところもあるので、そこも入れてほしい。
    2では、試合会場のスクリーンに仏頂面も写っていたので、
    そこも伏線として使えると思います。


    人生そんな甘くない。
    頑張ろうと思っても、足元をすくわれ、どん底に突き落とされる。
    善意だけがまかり通る世界じゃない。

    それでも必死に頑張ろうとする幸の姿。
    彼女に感化され支えようと奮闘する仲間たち。

    いつの日か幸せをつかんで喜びをわかちあいたい。

    そう思える原作であり、ドラマです。

    拍手

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [113]  [114]  [115]  [117]  [120]  [121]  [122]  [123]  [124]  [125]  [126


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]