忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    我が家の嘔吐下痢・07版

    子供が幼稚園に通うようになると、
    あちこちから病原菌をもらってくるわけですが、
    タイトルにも書きました「嘔吐下痢」は毎年きそうです。
    昨年度は軽くて恐れるほどではなかったけれど、
    (症状はあったけれど完治までそうかからなかった)
    今年は本当にきつかったです。

    まず、3月中旬に子供がかかりました。
    ※嘔吐や下痢の描写が苦手な方はスルーしてください。

    1日目・・・症状は突然きます。大好物のポテトサラダをたらふく食べた深夜、ごぼっという音とともに嘔吐。固形物に近い液体が、髪にも耳にも枕にも。枕元においてあったぬいぐるみにもどっさり。私は汚れ物の除去、吐しゃ物の廃棄にあけくれる。
    その後も定期的に吐き続け、6回目くらいで茶色の液体に変わる。胃の中は空になっても吐き気は治まらない模様。

    2日目・・・幼稚園は欠席。嘔吐は午前中でおさまる。食欲はない。
    次に腹痛がきたらしく、痛みになれていない息子は苦しがる。熱は36.6度ほど。昨年はここまできて、しだいに回復へうつったので、診察を拒む息子の意見を尊重?する。お腹は冷やさないようあっためる。
    当然下痢はあるだろうと予測していたが、その下痢も長引き、さすがにやばいかもと思う。
    ゆるゆるすぎて、便意を感じた瞬間に出てしまうようだ。子供は大人よりためておく力が弱いのではないか。下着は大目に常備してあるが、出るペースに洗濯が追いつかない。
    お兄ちゃん気分のパンツマン=息子にはかわいそうだが、パンツ型紙オムツを購入し、はいてもらう。「○○くんも下痢の時は使っていたから、はずかしくないよ」と言ってやる。

    3日目・・・念のため熱をはかると、39.2度。発熱のせいだと思うが、薄めたりんごジュース(果汁100%)を吐く。粉薬を溶かしたものを飲んでも吐いてしまう。
    近所の小児科につれていく。季節柄インフルエンザの可能性もありますが、多分違うと思います、と否定がはいる。私も違うと思う。座薬をいれてもらう。処方してもらった薬は整腸剤。耳鼻科でもらっている薬は飲むようにと。
    映画に行く約束が流れたので、なぐさめのため、ケロロの劇場版DVDをレンタルしてきて、一緒に見ることに。しかし、長時間の視聴はきつい。後半は疲れていたようだ。

    午後、ひとり買い物へいく。看病疲れが出ないよう体を休めるが、なんだか胃の調子が悪くなってくる。これは感染してしまったようだ。手洗い等気をつけていたのに…。手袋着用とかもう少し神経質になれば良かったのか。
    立っていると気持ち悪い。自分用のおかゆを作る気力もない。私的にかなりのダメージ。息子と同じように茶色い液体を吐く羽目になる。昼間、かむかむグレープとデコポンという吐きやすいものを食べたのもいけない。(去年の嘔吐前はクリームシチューというこれまた吐きやすいものを食べていた)
    主人の夕飯は冷凍うどんに決定。明日は遅出なので、それまでには私の体も回復しているだろうと踏む。
    息子は熱も下がり吐かなくなり、腹痛もなくなる。食欲は相変わらずない。ごはん一口くらいでお腹が満たされるようだ。いくつも薬は飲めないようなので、整腸剤だけ飲ませる。しかしお菓子を食べたがる。食べれりゃしないのに。
    仕事から帰ってきた主人も具合が悪いようだ。

    4日目・・・息子の吐き気は去ったようだ。しかし下痢が止まらない。以前のように、便の出が噴射式だったり、水が漏れるようだったりはしないが、回数が多いと看護しているこちらもまいる。息子本人も治りが遅いため、ショックを受けているようだ。床に寝そべって動こうとしないことがしばしば。前日は明日は映画に行くーと言っていたが、無茶を言う気力もないらしい。
    は気分の悪い時はあるが、胃腸の薬(小児用だが大人もOK)がきいたのか回復に向かう。
    下痢は出ないようだ。
    主人が仕事から帰る。平熱。昼食用に、普通の弁当を持たせたが食べてきたようだ。夜は一緒におかゆを食べる。数時間後…、お腹が空いたからと、お菓子を食べあさっていた。おおぉーい!?とりあえず夜はすぐに布団に入ってくれた。

    5日目・・・今日も幼稚園は欠席。残り少ない年中組の生活が気にかかる。あと春休みの預かり保育の申込も。担任の先生は忙しいのか病中見舞いの電話はゼロ。いつもはいらないけれど、こういう時には欲しかったなぁ…と。
    病院に行き、下痢が止まらないと告げる。とりあえず息子だけ見てもらう。
    「無理に下痢をとめると悪いものも外に出て行かないんですよ」と教えてもらう。なるほどなるほど。でも長引くと辛いでしょうから、と。今度は整腸剤に加え、下痢止めを処方してももらう。
    息子に夜くらいから回復の兆しが見える。食欲も出てくる。やはり下痢止めをもらって良かった。
    主人のリクエストでおじやを作る。おじやの作り方を忘れたが、多分同じものが作れたと思う。
    主人も先生のように薬を飲むと、便が出ないからと胃腸薬の服用をやめる。

    6日目・・・息子の調子は良好。家の中で遊んでいる。無理をするなと親はハラハラ。
    ピザが食べたい。カレーライスが食べたいとのたまう。…まだ無理だってば。
    主人はまだ調子が悪い。仕事を休めないのが不憫だ。外勤だし。

    7日目・・・息子は完治したと言ってもよいだろう。主人も休みなので家族で映画に行きたがるが、何とかまだ無理だと言い聞かせる。かわりにスーパー戦隊のDVDをレンタルして、見せてあげることに。

    8日目・・・久しぶりに登園。そして終了式。息子も嬉しそう。

    9日目・・・主人が完治したこともあり、夕飯は待望のカレーに。
    じゅがいも大好きっ子の息子だったが、ポテトサラダを大量に吐いたトラウマのため、じゃがいもを警戒するように。原因はばい菌のせいだと話して、何とかトラウマを取り払ってあげたい。

    10日目・・・カレーライスをたべた後、翌日胃腸の具合が悪くなることもあったは、月のものが始まったのと相ともなって、見事お腹が爆破。もう蛇口から出てくる水のようでした。気持ち悪いし、お腹は痛いし。病院に行くべきか悩む。

    後日・・・息子と主人は元通り。
    は再発して3日目ぐらいでようやく良くなりました。

    一家感染のため、無駄になった品々は、ポテトサラダ。切干大根の煮もの。
    いつもは比較的元気な私が残飯処理するのだけど、今回は無理でした。
    みなさまもくれぐれもお気をつけて。体は十分に休めてくださいませ。

    拍手

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [99]  [102]  [103]  [104]  [105]  [106]  [107]  [108]  [109]  [110]  [111


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]