忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    滲出性中耳炎通院記!

    どうやら中耳炎の話題は需要があるようなので、
    前回の「痛みのない中耳炎」に続き、
    滲出性中耳炎で耳鼻科に通院している
    息子の経過をここに記します。

    拙ブログ参考記事・・・痛みのない中耳炎

    急性中耳炎を経て通院はじめたのが1月中旬。

    医師の先生から、滲出性中耳炎と診断されたのが1月下旬。
    しばらくして、
    副鼻腔炎等の治療を行いながら、滲出性中耳炎の治療もはじまる。
    黒いゴムチューブで息子の耳と先生の耳をつなぐ。
    鼻の穴にイチジク型の器具を入れ、(空気口はプラ、器体はゴム製?)
    「らっぱ」又は「がっこう」と息子の言うタイミングに合わせ、
    器具を手で凹ませて空気を送り込む。(左右の耳両方)
    空気が通ることによって、へこんでいた鼓膜が正常の状態へ戻るという具合。

    服用する薬は1日3分毎食後・・・ポララミン散レフトーゼ顆粒
             1日1分朝食後・・・クラリシッド・ドライシロップ小児用
     

    そして、3月初旬。鼓膜の状態を調べる検査。
    ・・・
    右耳が6割、左耳が7割。正常な状態へ戻っていました。
    息子もとてもうれしそうでした。
    頑張って週2回の通院、毎食後に薬の服用を続けたもんね。

    先生いわく、就学前の子供が一番治りにくい時期とのこと。
    かかりやすくて治りにくい
    それでも根気よく、治療を続けましょうとのことです。

    ですが、ちょっと主婦的に心苦しいことが1点だけ。
    今まで乳幼児医療の助成により、初診料以外は無料だったのが、
    満5歳を過ぎたため、医療費負担が3割に……。
    1週間で治療・薬代を含め2,600円弱。
    ひと月で10,000円を超えてしまいます!
    治りにくい
    ・・・
    医療代捻出のため、早急家計を見直さなければなりません。
    頑張れ母ちゃん!////このひと言に尽きるでしょう。

    拍手

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [98]  [99]  [102]  [103]  [104]  [105]  [106]  [107]  [108]  [109]  [110


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]