忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    いちごのたべかた

    わがやに「さちのか」が来ました。
    某産地直送品シリーズの今月の頒布分です。

    だんなはコンデンスミルクをかけて食べるそうなので、
    私も今回初、試みです。
    なぜ初なのかといいますと、
    実家では、いちごの入った器に
    牛乳とお砂糖をいれて食していたからです。
    いちごをつぶすとなおよし。
    イチゴミルクのようですよ。
    (ある程度脂肪分のある牛乳を使ったほうがおいしいと思います)
    だんなに話したら、「そりゃあダメだろう」と却下されました。
    話を戻しまして、Let’s チャレンジ。

    むむむむむ…。

    合う部分と合わない部分があります。
    合わない部分は、そのまま食べちゃった方がおいしいような…。
    お互い別に食べた方が良かった…。
    おそらく、酸味が強いいちごに合うのでしょうね。

    「いちごの食べ方」で検索しますと、
    実家での食べ方に似たものも出てきて、少しほっとしました。
    学生時代も同級生たちは、コンデンスミルクで食べていたようでしたから、
    ひょっとしてうちだけ(古臭い?)食べ方だったのかな、と思ったので。
    でもおいしいので、引け目は感じていないです♪

    他には、ヨーグルトをかける。
    冷凍シャーベットにする。
    塩をつけて食べる。
    そのまま。
    もっと、凝った食べ方をしている方もいらっしゃいます。
    きょうびのいちごは甘いから、
    そのまま食べる人が増えてくるかな……。

    さて、さちのかは、香り豊かな「とよのか」と大粒の「アイベリー」の交配でできたそうです。
    生産者・消費者に「幸あれ」という願いからの命名だそうです。
    なんとも縁起のよい名前ではないでしょうか。 

    66c3bf12.JPG添付のチラシには食べ方も載っていて、
    ヘタをつけたまま水か塩水で手早く洗い、
    食べる直前にヘタを取る。
    ヘタ側から食べると、
    先端にいくにつれて甘みが増すので、
    美味しく食べられる、と。

    ヘタ取りは、なぜ直前がよいかというと、
    食味が水っぽくなるのを防ぐため。
    成分のビタミンCが水にとけて損なわれてしまうため。だそうです。

    今度は塩水で洗ってから食べてみたいなぁ、と思いました。

    拍手

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [134]  [135]  [136]  [138]  [139]  [140]  [142]  [143]  [147]  [146]  [149


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]