忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    追加感想 電王-【クライマックス刑事】

    『クライマックス刑事』の感想を追加します。
    大事なことを書き忘れていたのを思い出したのでw
    それから、ちょこっと別なこともカキコしまする~。↓

    ちなみに、前回の感想はこちら↓
    劇場版 仮面ライダー&キバ クライマックス刑事

    拍手




    さて。
    劇場版を見ていて思わず興奮したのが、クライマックス辺りの電車戦です。
    ネガ電王もデンライナー持ってんのかよっ! と突っ込んだら、
    「ゴウカ」から、ギガンデスヘル、ヘブン、ハデスが登場! 総攻撃!
    モモタロスたちの本物のデンライナーも負けてはいません。そこへゼロライナーだって加わります。
    さらに、地上にぽつんと残されていたはずのキバも
    キャッスルドランの頭の上?に乗って時空(?)に登場!
    ど派手なドンパチに感嘆の溜息。いやー楽しかった。


    ~おまけ映画『モモタロスのキバっていくぜ!』感想~

    シュールな話と映像に頬の筋肉がゆるみましたw
    出典を忘れてしまったのですが、モモキバが「コスプレ」とコメントされていたのは、
    後でなるほどとうなづきました。色々あって楽しいよ。
    他の方も触れていましたが、
    キバットの昔話はちょっとおかしいなぁ~。
    22年前に見つけた赤ちゃんを見守ろうと決意した、っていうくだりなんだけど、
    渡の歳と違っているみたい。
    脚本は、電王のプロデューサーだった白倉さんという方が書かれたそうですが、
    白倉さんやっちゃった??
    でも大事なのは、その後のモモの『コウモリがオモリしてたのかよ』ていうツッコミだからいいんだけどね♪


    タツミムック
    DEN-O CLIMAX!! 【+KIVA】 東映ヒーローMAXスペシャル《春の仮面ライダー祭》特集号
    ・・・より、いくつか感想を。

    白倉Pがモモタロスを小林靖子さん以外が書くとブレが生じるので、
    自分が「モモ夏」や「イマジンあにめ」の脚本を手がけたと仰られていました。(興味のある方は本買ってね~)
    小林さんの次に自分がモモタロスを理解している自負がとても頼もしく感じられました。
    1年間強、一緒に電王を一から作り上げていった同士だけはありますね。
    とすると、「イマジンあにめ」も面白いのかなー。でもデザインはアニメイトさんのキャラなんだよね~。


    【金田監督のヒーロー哲学】
    アクションをやるのはいいんだけど、頭とケツがしっかりしていないと、アクションでどんなすごいことをやってもパッと場面が変わると、もう印象が薄れちゃうよ
    (前記:東映ヒーローMAXスペシャルより)
    確かにそうだな~と感じました。決めるところを決めるのが一番かっこいいんですね。
    監督のお話も大変興味深かったです。


    おまけ:前回の感想でセーラにだけ触れてなくてすみません。
    セーラのアクション、良かったです☆ でもイマジンと契約している意味がなかったですね。
    それから、ピンクラビットイマジンが意外に強かったのが面白かったです。
    ラビットイマジンはよく使いまわされているのですが、弱いのばかりだったのでw

    追加も長文になりましたので、この辺で〆ます。
    DVD発売も待ち遠しいですね。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [378]  [376]  [374]  [370]  [369]  [368]  [367]  [365]  [364]  [363]  [362


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]