忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

    きゃー金田監督かっこいいー!
    ではなくて、金田監督の撮る映像がかっこいいー!
    というわけで(?)、春の仮面ライダー祭~劇場版電キバを見てきました~。

    デンライナーはデンライナー署にかわり、良太郎、イマジンたちは刑事に。
    イマジンなどの細かい設定を変えたり、
    ゼロノスが普通に変身していたり、と細かいことは気にしないノリでいっちゃえ!的な、
    お祭り映画でした。

    拍手




    初っ端からのカーアクションと、惜しみなく魅せてくれます。
    そしてショットガンを担いだM良太郎がバイクで派手に登場!
    おお。やっぱりM良太郎はかっこいいなぁ。
    久しぶりのモモウラキンリュウの登場に懐かしさがこみあげてきます。
    おなじみのコントにも、あぁ小林さんの脚本だぁ…としみじみ。
    本当に電王が大好きだったんだなぁと実感しました。
    特に、(ネタバレ含みます)
    愛理さんとリュウタロス(もちろんイマジン体)の対面は涙腺がゆるみました!
    恥ずかしがったり、もらったお弁当を大事に食べているリュウタがかわいい!
    コネタ編では、モモタロスのサングラスが結構似合っていたとか、
    ウラが『Men’s URA』なるものを読んでいたりとか、相変わらず楽しい。
    デンライナー署のセットもいいですよ~。額縁に筆文字で『チャーハン』とか。。。

    新米刑事としてデンライナー署にやってくるのが鈴木刑事。
    イマジンにかなりびくついているのがおかしかったです。演じたのは村井良大さん。さわやかでした。
    好感の持てるタイプ。でも黒木(武智健二さん)も悪役だけどいい顔してたなぁ。

    ネガタロスですが、モモタロスがヒーローにあこがれているように(派手に暴れられるという理由だがw)、
    ネガタロスは「悪の組織」にあこがれているもよう。基本的にモモと似ている?
    ちょっと腰回りが気になったけれど、岡元次郎さんがスーツを着ていたと後で判明。(話はそれますが、キバのイクサは太く見えなかったです。動くイクサはかっこええ)
    ネガ電王の立ち回りとかすっごくかっこよかったです! (緑川さんの声もイイ!)

    デカ長(オーナー)がデンガッシャーを組み立ててポーズをとるシーンですは、
    何と監督が細かくカット割りして撮影したので3時間もかかったそうです。
    こんなこだわりがいい映像を生み出すんだなぁと、パンフレットを読んだ後に思いました。

    ナオミちゃんのチャイナとか、コハナがバーズーカーをぶっぱなすといった、
    アンバランスなところとか、相変わらずの電王メンバーはとてもいいのですが、
    ネガな意見も少し。。。

    話的には個々に見所はあるけれど、全体的には劇場版としては若干爽快感が足りないような・・・。
    はじめはVシネマでスタートしたのだから、DVDとして家で見るには十分な内容ではあります。
    あまり好きじゃないなぁと思ったところは、R良太郎の暴走と(誤逮捕ネタは面白いけれど)、
    U侑斗(遊佐さんの声もありU良太郎そっくりでしたが)、コハナのアクション(アイデアとしては○)
    素手のアクションがちょっとバイオレンスっぽく見えてね。。。
    お祭り映画としては、こういったものでいいのだけど、
    自分は本編のちょっと切なくて、子供向けの電王ストーリーが好きなんだとしみじみ思いました。
    (あと侑斗と愛理のカップルが好きなので、翔子ちゃん以外は侑斗に絡んで欲しくなーいかも)
    K良太郎のアクションとかもおいしいけれど、キンちゃん相撲ファイト系だからなぁ。。。

    こんな風にぶつぶつ言っていますが、
    金田監督がDVDを「買ってね」とコメントしているのを読むと買ってあげたくなってしまいますw
    やっぱり買おうかな。

    OPはタロスズたちのclimax jump、EDはデネブも加えたタロスズたちのDouble-Actionです。
    エンドロールの涙ぐむ若菜さん(愛理役)にこちらもじわりときました。
    そして某所で情報を得たのですが、ナオミ役の秋山莉奈ちゃんが、
    「ナオミ、コハナ、ハナ」の3人が描かれたイラストを持っているそうです。
    ・・・最後に『仮面ライダー電王』万歳!
    面白い作品をありがとうございました。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [376]  [374]  [370]  [369]  [368]  [367]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]