忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    電王-愛・ニード・侑

    今週は敵の策略勝ちもあって、電王最大のピンチ!(劇場版をのぞく)
    ガンフォームが徹底的に痛めつけられて……、そして次週へ。
    うーん。今回は金田監督なんですが、やはり私の好みでした。
    一言であらわすなら、「かっこいい」これに尽きる。


    第31話 愛・ニード・侑

    拍手




    愛理と侑斗の核心にせまる話がついに来ました!
    と言っても、侑斗は、嘘はつかないけれど明確に言葉にしない人なので、
    なんとなーくでしかわかりません。
    ですから二人をよく知る第3者・藤代が必要なんですね。
    一方、愛理さん大好きのお子様リュウタロスは、
    お姉ちゃんの危機に駆けつけたいところ、
    良太郎に「必要な時には呼ぶから」となだめられ、
    イマジン退治の方へとのりだします。
    ここのエピソードがすごくいい。
    良太郎に自分も必要とされていることに戸惑い、喜ぶリュウタ。
    靖子にゃんの丁寧な描写に思わずうなってしまいます。
    ファンの要望をよくわかっているんだなぁと感じました。
    もしくは逆にファンが物語を良くとらえているのかな。

    それはいいとして。

    悪徳金融会社社長で借金をチャラにする代償に、婚約を迫る男・藤代。
    えっと、いい男でびっくりしました。多少鼻につきますし、黒いですが、
    バイク乗りだということで、補正がかかりました。(すみません)
    完全な悪ではないな、と思ったのは、
    愛理を2年間想っていたことと、愛理が桜井しか見ていないことを知って身を引いたところ。
    ・・・ですかね。キャラ造詣がいいな、と思います。
    社長室のシーンは昼ドラ展開にならないかどうか、
    なるわけないにもかかわらず見ていてドキドキしました。
    愛理さん役の松本若菜さんは上品な色気があるし、
    藤代役の青木伸輔さんの演技も良かったからねぇ。。。
    それにしても侑斗が最近かっこよすぎますね。
    愛理さんだけでなく藤代より年上なのに、魅力があったのは間違いなさそうです。
    今回は、ミルクディッパー組の尾崎・三浦。
    冒頭のアックスフォーム(あの木もろともダイナミックチョップするお姿に圧倒)と。
    男性陣のかっこよさが際立ちました。

    物語がいきなり動き出しましたので、
    ストーリーに「燃え」を求めていた電王ファンも今回は納得されたんでは。
    結果的にはアックスフォームにやられたとはいえ、
    冒頭のラビットイマジンもハラハラするくらいの強さはあったし、
    ガンフォームを地に這わせるくらい圧倒してしまった今回のアントホッパーイマジンは、
    今までのイマジンとは格の違う強さでした。
    はじめから電王を倒すのが目的、って何だか怖いですね。
    しかし、黒幕があるのなら、ちらりとでもいいので早く見せて欲しいです♪
    東映公式によると、アントホッパーイマジンは、
    アリ(兄)・・・ニヒルでも強くなくちゃダメ。
    キリギリス(弟)・・・リュウタロス似で、狂気・子供っぽい。
    という監督のイメージで行ったらしいです。
    ああ、何だかアリ(兄)の性格設定に惹かれます。
    本当に強くて頭が良かった。
    リュウタロスもあの場所(車両車庫か何か?個人的にツボ)での戦闘は不利なんだから、
    交代するべきだったんだけど、(おまけに2対1)
    ひとりで頑張ってやられてしまったのが涙もの。
    最後の「ぼく…いいよね?」は何を言おうとしていたのか気になります!

    余談ぽくなりますが、
    昔はピンチの時も燃えながら視聴できていたと思うのですが、
    最近はてっきり、ヒーローが痛めつけてられているのを目にするのが辛いですね。
    まさか自分が主人公最強派になってしまうとは……。
    一緒に見ている息子は「面白かった」「イマジン強いねー」というカラッとした感想でした。
    ある意味うらやましい。良い視聴者ですな。

    今週一番面白かったシーンは、
    R良太郎を見送った侑斗に橋の下から呼ばれて出てくるデネブ。
    なぜ、そんなところにいるんだい?
    次点は、モモタロスの八つ当たりを御盆でガードするキン。
    今週はキンちゃんのかっこよさ炸裂・てんこ盛りでしたな。

    さて、予告ですが。
    侑斗の「カードはお守りじゃないんだ」という台詞にもしびれましたが、
    デネブが倒れているのが非常に気になります!
    カードを使い終えるとデネブが死ぬ・・・わけないから、戦闘でダメージ受けたのか。
    バイクアクションも撮ったそうなので、それにも期待!
    D侑斗、彼の頬に手をさしのべる愛理、ゼロノスカードの秘密。
    お楽しみが色々つまった回になりそうです。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [282]  [279]  [275]  [276]  [273]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]