忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    電王-甦る空白の一日

    ――2007年1月10日。
    世界は一度壊滅していた……。


    第45話 甦る空白の一日

    小林靖子さんの作品をじっくり堪能したのは電王が初めてだったので、
    自分の予想の斜め上展開に驚きました。
    なるほどねー。こういうお話を描く脚本家さんなのね。
    それとヒーローものは意外とスケールが大きい設定をもってくることを忘れていました。
    さて、本題へ。

    拍手




    良太郎の元へ第3の懐中時計が届く。
    時計屋の主人に問い合わせると、
    良太郎が8月に届くように自ら注文したらしい。(だめ店主なので実際は4ヵ月後)
    愛理さんの誕生日かな、と思ったけれど、良太郎の否定が入る。
    物語の流れから推測すると、8月に姉夫婦に新しい家族が加わる――、
    仮定に過ぎないけど……出産祝?
    良太郎がいつ時計を買ったかわからないけれど、(物だけ送る店主はやっぱりダメ店主)
    妊娠がわかっててもおかしくない時期ではある、、。
    ただね、自分はあんまり好きじゃないなこういうの。
    なぜ胎児が消えてしまったかという構造の解明とかは面白そうだけど、
    ドラマが急に生々しく見えてくるから。
    よく連続ドラマで、視聴率稼ぎのために
    妊娠エピソードをもってくるケースがあるじゃないですが、
    作品の雰囲気とかも無視して強引に。
    それを連想しちゃって嫌なんだよねぇ。
    なので、できればちがう切り口でお願いしたい。切実に。

    話は戻りまして。
    今週、来週の監督さんは、舞原監督さんです。
    監督の癖にいつも文句を言っていたような気がするのですが、
    今回は大丈夫でした。ちゃんと面白かったです。
    (先週柴崎監督を褒めちぎっていましたが、脚本家の小林靖子さんの旨さも高く評価しています。念のため補足)
    強いて言えば、冒頭のホラーチックな演出はちょっと…。
    佐藤くんは世間一般の認識ではアイドルなんだからさ、
    目の下のしわとか強調した画をとらないで、
    かっこよく映してあげようよ。
    で、今週の好きなカットは……。
    2007年1月10日を行き先として、過去に飛ぶデンライナーと侑斗のショット。
    あおり? っていうのかな、下からのアングルが良かった。
    それと、
    スノーイマジンの攻撃を堪えるライナーフォームの足元のアップ。
    砂利にめり込むのがすごく良かった。
    ストーリーと絡めた部分では、
    ナオミちゃんの願い…食堂車がいつも満席でありますように。(?)
    かわいい中にも、涙腺がゆるむような切なる願いが込められていました。
    これが伏線になるような、つらい展開になりませんように……。

    それからスノーイマジンがなかなか強烈でした。
    お? イマジン初の紳士的なイマジン? と思ってたら、
    突然「キレ」はじめて、おそろしやw まんまと騙されました。
    対ソードフォーム戦の見事なステッキさばきも見惚れる。
    それにしても、モモタロスはサンタさんが好きなのね。
    戦闘中なのに和みました。。。

    対ライナーフォーム戦は、力が互角くらいに見えました。
    必殺技の力には負けましたけどね。
    今週はウラロッドでの必殺技。
    微妙にわからなかったけれど、ロッドバージョンのレールは
    レールの上からは逃げられないようになってるのかな。
    何はともわれ、「電車突き!」で見事消滅! …ではなくて『電車斬り!』
    良太郎にひと言。
    なんでも「電車斬り!」なのね。……何というセンス!!!

    そして衝撃の真相ですが。
    桜井さんがゼロノスとして戦っていたことに非常に驚きました。
    2007年時も戦士だったとは、いつからライダーやってたん?
    愛理さんの「未来はきっと……」
    も大事なキーですね。
    私は気づかなかったのですが、
    どうやら愛理さんは、イマジンの来襲も桜井さんが戦っている(行方不明になってから??)ことも知っていたらしい。
    愛理役って実は大役だったのね。
    演じる松本若菜さんは、好きなタイプの女優さんだったので、何か嬉しいです。
    (ちなみに東映公式の記事にインタビューあり)少しでもネタばれが嫌な方は飛ばない方がよろしかと♪
    それにしても過去では、天然度の強くない愛理さんが見れて良かったな。

    来週の見所のひとつになると思われる、
    なぜ崩壊した世界が戻ったのか? …は、
    良太郎が崩壊の記憶を消して(or消されて)、
    新たに崩壊されなかった世界を構築したということでいいんですよね。
    良太郎もすごい。
    「人の記憶こそが時間」という仕組って面白い。

    嫌な記憶はいらない。良い記憶だけあればいい。
    そう思いがちだけど、どんなに辛い記憶だって、
    真実であるならば知りたいと願う人もいる。
    実にヒーローらしい生き方をしているなぁ、良太郎は。

    今回は前編なので、
    謎があいまいのままですので来週に大いに期待しております。
    (というか、砂漠化だけじゃ世界の崩壊の描写足りなくない?)
    ぜひ、興奮しながらブログ文を書き綴ってみたいものです。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [326]  [325]  [324]  [319]  [318]  [314]  [312]  [310]  [309]  [306]  [304


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]