忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    お風呂で転んで頭を打って

    先週の日曜日の夜のことです。
    病み上がりの息子(年長さん)を風呂に入れようと声をかけたのですが、
    今これを作っているから~。と動かない様子。
    まぁ少しは待ってやるか、と私はPCを立ち上げてネットにつなげていました。
    いつの間にか、子供は素っ裸になり、浴室へ直行。
    ちょっと声かけろや! と思いつつも、
    浴室で待たせながら、入浴の用意にとりかかりましたとさ。

    体が元気になったからでしょうか。
    なぜかハイテンションな息子。
    浴室と部屋をぬれた体で行ったりきたりします。
    あまり好ましくない状況だったので、<私もさっさと入ればいいんだけど。
    私が先に入る! と競争心をたきつけたところ。
    息子は、逃げるようにして脱衣所から風呂場のすのこへジャンプ!
    勢いあまって足をとられて、すってんころりん。
    後頭部をぶつけてしまうという結果になったのですが、
    あまりにも危険なことをしでかしたので、
    心配するより先に口からは怒鳴り声が……。
    しかし、「痛い~」と大泣きする息子をきちんと立たせて、
    よくよく見ると、背中にぽたりと落ちたような鮮血が!

    風呂場での注意は怠っていないはずなのに、
    物分りがよくなった頃にこんなことが起こるとは……。

    とにかく、傷の状況を調べるためにシャワーで血を流しました。
    血がべったりついているのは、二箇所。
    つむじの左下あたりの傷口は1.5cmほどで、ぱっくりと口をあけています。
    浴室のドアの台座のコンクリの縁に頭をぶつけたようです。
    とりあえず応急処置をしなければ、とない頭をめぐらせます。
    消毒液をかけ、ガーゼを当て、止め具のいらない包帯でぐるぐる巻き。
    頭を切った時の処置など頭に入ってないが、
    何となくこんなもんだと、泣く息子をなだめながらやりおえる。

    後は、急患病院に行くかどうかの判断をしなければいけない。
    公共団体、育児支援団体でそういった相談を受けてくれるところが、
    ぱっと思い当たらないし、見つからない。

    主人の母が元看護士さんなので、実家へ電話をかける。
    症状は軽そうだが、傷口がなかなか閉じないようなので、
    病院へ行く後押しをしてもらう。それと緊急でなくても大丈夫かと聞いておく。
    話を聞いてもらい、家の簡単な片付け、主人用に食卓に皿をならべ、
    タクシーで急患病院へ向かった。
    念のため、子供専門の急患窓口に電話をしたら、
    外科なら大手総合病院より近距離に、
    診察をしてくれるところがあると教えてもらう。
    私の勘でそちらの病院に決定。
    仕事中の主人には電話で連絡をしておく。

    診察してもらう時には、事故発生から一時間くらい経過。
    タクシーに乗れたこともあり、息子はご機嫌だ。
    外科は混雑しておらず、待ち人数はひとり。
    看護士さんが息子の包帯をとると、
    どうやら血がとまったらしく、ほっとする。
    治療は、じつに傷が微妙で縫うか縫わないかの問題がでてくる。
    結局、傷の周りの髪の毛を剃り、開いた傷をテーピングして処置終了。
    一応化膿止めを出してもらいました。
    傷口はひとつだけで、私がもうひとつの傷と勘違いしたのは、
    血のりだったそうです。
    治療代は2330円・・・なんだか高い気がします。当たり前か。


    傷の経過は次の通り。

    翌月曜日。幼稚園から通院が楽な外科で診察。<結局幼稚園は休んだ。
    ・・・傷口の消毒をし、ガーゼを新しいのに付け替える。
    テープが髪の毛について、取り外す時、息子も少し痛そうだった。
    「心配ありません。次は付け替えに来てください」、と言われる。
    いつ? こっちの好きでいいの? 付け替えって何?
    少々疑問は沸いたが、自己判断で良いのだろうと結論づける。
    お風呂は傷口に水がかからなければ、入ってよいそうだ。
    幼稚園でプールが始まっているが、こちらも我慢しなければならない。

    天気の悪い日が多く、結局通院は金曜日になる。
    ・・・傷口の消毒、新しいガーゼに替えてもらう。
    この前より、ゆるめにガーゼをしているようだ。
    「この調子だと土曜日で終わりですね」と先生から。
    え? 明日なんですけれど?
    さすがに「明日も見せにくればいいんですね」と確認する。
    何というか、簡潔な先生のようだ。
    しかし、この外科さんはスムーズな治療でよろしい限り。

    土曜日。
    OKが出た。通院は今日で終了。
    頭を洗っても良いとのこと。
    傷口に撥水用?のスプレーをかけてもらう。
    頭を洗う時は、指で傷口をおさえ、その部分はごしごし洗わないように。
    1週間ぶりに髪の毛が洗えて嬉しいが、
    その指をおさえて洗うワザは私には難しかった。
    要所要所で押さえるだけにしておいた。結果として大丈夫でした。
    きちんと水をはじいてました。

    治療代は450円×2日。初診料は領収書が行方不明なのでわからず。


    傷の経過が良好で幸運でした。
    良くも悪くも今後にいかせる経験となりました。
    その週は、息子の発熱もあり、ちょっとお疲れ様でした。

    拍手

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [248]  [244]  [243]  [239]  [238]  [235]  [232]  [231]  [227]  [226]  [222


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]