忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    電王-ツキすぎ、ノリすぎ、変わりすぎ

    パワーアップシーンで異様にきょどるヒーローを始めて見ました。
    さすが、セルフツッコミいっぱいの電王。
    存在が消滅するイマジンズに泣かされ、
    クライマックスフォームになるシーンでは爆笑させていただきました。
    名台詞はソードの「皮がむけたー!!」・・・はい。モモタロスは、
    モモイマジンですからね。(東映公式いわく)


    第28話 ツキすぎ、ノリすぎ、変わりすぎ

    一応、『ツイてるね、ノッてるね』♪にも掛けてあるのかな、今回のサブタイトル。

    拍手




    さてさて。
    「てれびくん9月号」を読み、展開は知っていたものの、
    ウラタロス、キンタロス、リュウタロスが消え行く様には本当に涙を流しました。
    妙に達観視しているウラタロスたち。
    辛口で湿っぽい空気を払拭しようとするモモタロス。
    突然の現実に対処しきれない良太郎。
    OPの祭り(異変が始まる)~~モモタロス「あいつら消えたぜ」
    ---がらんどうの食堂車を見る良太郎---のくだりが本当に素晴らしかった。
    祭りの「動」と、消えるイマジンたちの「静」。
    シャボン玉が美しくはかなく、デンライナー内を浮遊します。
    いつも明るいナオミちゃんが初めて見せた曇り顔。
    しゃくり声をあげて人目をさけて泣くハナ。
    それぞれのキャラクターが活きていた回ですね。

    消えたウラタロスたちの砂を両手ですくい、
    良太郎はイメージします。
    『みんなのいたデンライナーが好きだったみたいなんだ』
    離れたくなかった想いを託して。
    そして生まれたのが携帯(ケータロス)。
    ここまでと、
    過去に飛んだブランドサッカーイマジン戦を
    本当の意味でモモタロスとふたりだけで臨む場面は、涙を誘います。
    この時の良太郎(佐藤君)とモモタロス(高岩さん、関さん)が本当にいい。
    くねくねと変な踊りをくりだすwブランドサッカーイマジンは、
    ソードフォームではなかなか倒しにくいようで、
    モモいわく「どうにもクライマックスにならねえな」ですが、
    そんな時、能天気な着信音が!
    何かと思えば、良太郎が消えたイマジンたちと一緒に戦う気持ちで、
    ポケットにしのばせていたケータロスが鳴っている。
    こわごわ「もしもし」と戦闘中なのに電話に出るモモタロス。
    すると「相変わらず乱暴だなぁ」というウラタロスの声が・・・・・!
    周りにうながされ、携帯のボタンをぽちぽち押すと異変が起こり、
    クライマックスフォームにチェンジアップ。
    しかし、ケータロスからレールが螺旋状に伸びるわ、
    ウラ、キン、リュウの電仮面がひとだまのように飛び交うわ、(モモ、蹴っちゃダメだぞ)
    ペルシアスキャンアイ(?)が左右に広がって、
    新たなキャンアイが出てきたり(まさに皮むけ)
    デンライナーがクライマックスモードで本当に燃えているわ、・・・などなど。
    インパクト大な変身シーンでした。
    このノリ、電王らしくて大好きです。

    ボイスターズキックで、右足に電仮面が集まるわけですが、
    カシャカシャと回転して、目的のレールへ導いてと、
    胸のパーツは電車の転車台がモデルなのでしょうか。なかなかniceでした♪

    クライマックスフォームとしてウラタロスたちが復活するのは、
    前情報で知っていたものの、イマジン体としてはどうなるのか?
    というのが、私の一番の関心でした。
    そうしたら・・・・・。
    見事ブラッドサッカーイマジン(←いいキャラだ☆)を倒した後、
    デンライナーでイマジンたちが再会を喜んでいましたよ。
    あっさり、だなぁとは思いつつ。本当に良かったです。
    良太郎も静かに喜びをかみしめていましたね。
    でも四人のイマジンに同時にとり憑かれるのはかなりのカオス。
    とくに「気持ちわるーい☆」と言いながらもリュウタロスがはしゃいで、
    モモの体(本当は違うけれど)ではじけ跳んでる絵は大笑い。
    スーツアクターの高岩さん、演じわけご苦労様でした。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [263]  [262]  [261]  [257]  [256]  [247


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]