忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    電王-ラッキー・ホラー・ショー

    新しい電王が気に入った良太郎。
    みんなで力をあわせてひとつになるのが良いらしい。
    もう一度試したくって、町内会主催の「肝試し大会」に参加を決めるが……。

    夜の街をゼロホーンで疾走するアルタイルフォームの格好よさときたら……!
    男の浪漫ですねーー。…と男の浪漫もわからない輩がいってみたりして。
    さて正式な感想はこちらより↓


    第29話「ラッキー・ホラー・ショー」

    拍手




    ライダー夏の恒例、ギャグ回ですが、
    普段とさして変わらない雰囲気なのは、電王だからですね。
    いや、きちんとギャグ仕様でしたが、
    通常も石田監督の回がかなりはっちゃけているので、
    差を感じなくなっているのですね。
    個人的にはキンタロス好きにはたまらない回でした♪
    靖子にゃん(脚本)か監督さんか、はたまた役者さんたちのおかげがわかりませんが、
    デンライナーではパワー系キャラ。
    K良太郎では、気は優しくて力持ちキャラとしての王道を見事貫いてくれました。
    いやぁ満足満足。
    特に、M良太郎がびびりまくった呪いのチワワ人形を、
    「危ないでぇ」
    と足元からどかしてあげるシーンが大好き。
    ドジやらかして、「なんでや?」とボケているのもイイ。
    それにしても、失格ルートをいくつも設けているなんて、
    なんて大掛かりな肝試し大会なんでしょう。<ホント策士で凝性な町内会長さん。
    普段は気ままに振舞っていて、我先にと憑依するリュウタロスが不憫なのも微笑ましい。
    たまにはね、こんなのも良いでしょう。子供子供してました。

    冒頭で、
    ゼロノスへの変身回数がわずかになっていることに気を揉んでいた侑斗&デネブ。
    肝試し大会にイマジンが出現してしまったことで、
    参加中のデネブの悲鳴を勘違いして、変身してしまった侑斗。
    本当はお化けに驚いているだけだったという……。
    責任を感じたデネブは「ごめん侑斗……」とひとり立ち去っていく。
    何という次回への引きなんですか??

    デネブはそんなに自分を責めなくてもいいと思うけどなぁ。
    (イマジンなのに偽のお化けが怖いのは可笑しいけれど)
    侑斗の勘違いも原因のひとつなんだし。(何が悪いか突き詰めるとアレですが)
    何にせよ、来週は侑斗&デネブに焦点があたるのでは? とわくわくしています。
    おまけに良太郎と愛理さんの喧嘩ときたもんだ。
    クライマックスフォームも期待しておこう。
    キック(ロッド)、パンチ(アックス)ときたら、次はガンがメインですよね??

    話は戻りますが、
    ゼロノス組みの泥沼っぽい展開の裏、というか動機がとても好きなんですが。
    怖がりのデネブが肝試し大会に参加したのは、
    侑斗に愛理さんとの「お茶券」をプレゼントするためで。
    侑斗が残り2枚のカードを一瞬、意味深に見つめながらも、
    躊躇なく変身したのは、デネブの危機に一秒でも早くかけつける為。
    二人の絆がとても良くあらわれていたと思います。
    だからデネブが離れる必要はないのに。
    侑斗いわく、デネブがズレているが故のことなのでしょうか。。。


    ☆おまけ☆
    よーいドン!の後のナオミちゃんはかわいい♪
    肝試し大会を「勝負事」と勘違いしているハナちゃんが面白い。「こういうの」が苦手なところも♪
    愛理さんは今日もお美しゅうございました。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [263]  [262]  [261]  [257]  [256


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]