忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    電王-想い出アップデート

    侑斗にいきなりお注射をするのはやめてください。to石田監督!ナオミちゃんv
    さてさて今週もD侑斗がかわいかったです。
    ガチガチだったのが、「桜井くんてお母さんみたい」というひと言で、
    打ち解けていったのも良かったなぁ。
    翔子とのデートシーンがniceで、石田監督の撮った短編の恋愛映画を期待したほど。
    はたして想い出アップ&アップデートとなるか…。続きは↓


    第42話 想い出アップデート

    拍手




    あと7話で電王も終わるとかちらほら声も聞こえてまいりました。
    シリアス度も増してきました。


    テレビ朝日公式より↓

    最初はぎこちなかったデネブ侑斗も翔子の明るさに心和ませ、
    次第に2人はいい雰囲気に。
    やがて翔子は自分が重い病気にかかっていたことを告白。
    そのとき蝶になれないサナギを見て、
    明日がなくても今日を頑張り昨日をいいものにしている、
    そんなサナギに心打たれたという。


    さなぎのブレスレットを大事にしている翔子のエピソードです。
    明日は今日の連続とか、今日は明日には良い昨日になっているとか、
    「時」について触れています。(正直、私は苦手分野なもので頭が混乱しました;)
    辛くて不安な境遇を乗り越え、前向きに生きている翔子。
    そんな彼女の話を聞いていたデネブは、考えなしだったといたたまれなくなり、
    彼女がボールを拾いに行っている間に逃走。(この、へタレデネブ!!^^)
    侑斗が「忘れる方だって辛いんだ」ということをデネブに伝えていると、
    翔子がやってきて……。
    その後、侑斗の「俺は忘れない」という言葉で「契約完了」するわけですが、
    (翔子の願いは、侑斗とふたりで思い出を作りたいとのこと)
    予告から勝手に、デネブを紹介→ゼロノスについて告白。するかと思っていましたが、
    あてがはずれました。
    まぁ、尺がたりないだろうし、展開としてどうかとは思っていたんですがね。
    デネブと翔子のデートが好きだったので、
    最後デネブが蚊帳の外になっちゃったのが残念。(デネブはネンネだから傷つかないだろうけど)

    気になったのが翔子の、
    過去でゼロノスが戦っているシーンを見つめているシーン、と。
    記憶が消滅して、侑斗たちの後ろで楽しそうに遊んでいるシーンです。
    何かあるのか? と注目していたけれど、
    わかりやすく「くる」ものはありませんでした。いらないやん。
    意図はあるのだろうけれど、中途半端なのはなぁ。

    逆に、記憶は残酷…ということを表したシーンはとても良かったです。
    侑斗にかけてもらったマフラーを、
    枯れ枝にひっかけて落としてしまっても、
    「まぁ、いいか」で、そのまま過ぎ去る……。ってところです。

    ここで視聴者をがっかりさせますが、
    ラスト、ミルクディッパーで愛理さんが、
    「書いた記憶はないけれど、完成させなくちゃいけない」
    という真摯な想いを見せてくれました。
    この時の愛理さん(松本若菜さん)がめっちゃビューティーvv
    表情も優しくてとても素敵でした。


    ひさびさの電車戦がありました。
    オクトイマジンの触手能力(無機物に取り憑き、操る)がうまくいかされていました。
    ・・・実際は逆計算かもしれませんが♪
    意志をもち、暴走する時の列車のレール。
    もうこのくねくねっぷり、とか容赦ない攻撃とか、
    ヤマタノオロチになっちゃうところとか、
    大変楽しませていただきました。
    (イカヅチがなんかライバル意識を燃やしていたような気がします。気のせい)
    キンぐらいナー(←誤変換をあえてそのまま)の強さを見せ付けたわけですが、
    うまい販促になっているといいですね♪


    さてさて。
    OPには今回も笑わせていただきました。
    だって、
    「いいねぇ。いいねぇ。すごいねぇ」
    ・・・なんだもん。誰だお前は!←ウラタロスです。
    東映公式によると、
    40話OPがイマジン4人Ver.
    41話がモモタロスVer.

    だそうです。
    一番最初がキンタロスだと思ったんですが、(だってキンちゃんの声が大きいから)
    さらに別にあるんですねぇ<キンタロスVer.
    それなら、どんな強烈なアレンジがくるか楽しみするとします。

    今週の変カワイイ所。

    デネブの変装。(ニット帽、マフラー。眼鏡。帽子に白い花をつけたら、不思議不思議あら乙女)
    SHTのキンちゃん。
     みんなが「キングライナー」の話題をしているのに、自分を褒めていると勘違い。
     強引すぎるやろ。キンちゃんに対して他のイマジンズの冷め切った対応がステキ☆

    *おまけ*
    動物園で、オクトイマジンを見て、
    おサル達が非常にお怒りなのが笑えました☆


    予告ではなんと!
    良太郎がイマジンたち対立?!
    「モモタロスたちとは一緒に戦わない」
    えっと、これはなんでなんでしょう。非常に気になります。

    ネタバレに触れちゃうかもしれませんが、
    このままイマジンを倒し続けると、
    イマジンの存在しない未来になるそうです。
    それと関係しているのかな。
    モモタロスたちは、今が楽しければいいって感じの輩だから、(カイ曰く)
    たとえ自分達がいなくなろうとも、
    (最後の瞬間まで)良太郎と一緒に闘うスタンスのはず。
    何だか嫌な問題発生。うまく回避してほしいものです。

    そして次回43、44話を担当される監督さん、柴崎監督。
    カブトの時も何度か担当されていて、
    それが面白くて好みにあったものだったので、とても期待しています。
    名前を知っているだけで、ちっとも詳しくないのですが、
    『モモタロスのなつやすみ』&てれびくんの超バトルDVD『うたっておどって大とっくん』を
    監督されました。
    新巨匠と呼ばれているとか……。
    これは見逃せない!
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [312]  [310]  [309]  [306]  [304]  [302]  [300]  [297]  [296]  [294]  [292


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]