忍者ブログ
オリジナルonlyのラノベ創作記録です。 現在、更新が滞っていて訪問された方に申し訳ないと思っております。 なお、無断にて当ブログ内容を転載するのはおやめ下さい。宜しくお願いします。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    My favorite




    amazonで買う↑は無視してくださいw


    最新CM
    [10/21 あくた]
    [10/09  ナナポンsan]
    [08/03 クッシー@管理人]
    [01/09 彩音]
    [06/27 あくた咲希]
    プロフィール
    HN:
    クッシー
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    素敵な画像はフリー素材集『Little Garden』さまから、いただきました。
    バーコード
    ブログ内検索
    最新TB
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    電王-決意のシングルアクション

    良太郎が悩んでいたのは、
    モモタロスたちイマジンが消えることより、
    戦って『時の運行を守る』使命を、迷いなく選んでしまったこと。
    良太郎は自分が正しいと思ったことには迷いなく突き進む人だから。
    でも、モモタロスたちが大事で今が変わって欲しくないと思っているのも真実。
    そんな矛盾が許せなくて、
    一緒に戦うことは、モモタロスたちを利用する真似のように思えて、
    ひとりで頑固に戦おうとしていた。自分がどんなに弱くて運が悪くても。
    ……
    柴崎監督の撮る画は、何と胸に迫るのでしょう。


    第44話 決意のシングルアクション

    拍手




    今回の感想は短めで。と思ったけれど、結局↓長くなりましたw
    映像の持つ力を十分に発揮された回ではなかったのではないでしょうか。
    私が個人的に好みってこともありますが。(金田監督と柴崎監督が好み)
    特に、コハナちゃんがミルクディッパーで愛理さんに、
    胸のうちを打ち明けているシーンと、踏み切りにたたずむ良太郎のシーンが
    かぶるところが好きです。(ひとり男らしいモモの姿もあり)
    ハナちゃんの想いと良太郎の想いがかぶっているんですよね。。。しみじみ。
    ところで、まだハナちゃんは自分がモモたちを好きになっていることを
    自覚してなかったんですね。どれだけ鈍いんだが♪
    視聴者には楽しそうな様子が、ずっと前から伝わっていましたぞい。

    ひとりで戦う気なら、
    俺に剣で一発打ち込んでみろ、というモモタロス。
    良太郎はイマジン出現の場に向かう足を止められます。
    重いモモソードをふりまわしながら、決意して挑む良太郎。
    だけど、やっぱりモモタロス。
    良太郎よりも何倍も強くて、
    軽く攻撃をかわし、片手で良太郎を投げ飛ばす。何度も何度も。
    良太郎は案の定、「粘りやがって」とモモタロスに言わせるくらいの根性を見せるけれど、
    力の差は歴然。嫌というほど思い知らされたはず。
    プラットフォームから変身解除して、涙ぐむ良太郎。
    お互いの本音をぶつけた時、良太郎の頑なな心もほぐれて和解へ…!
    ここのシーンのモモタロスの台詞が凄くいい!
    ただかっこよく暴れたいだけだったモモタロスが、
    「ちょっとでも守りたいと思うとしたらよ、今ってヤツだ」
    と言うとは……! 
    良太郎と出会い、ヒーローとして戦って、変わっていったんだなぁとしみじみ思います。
    その後につけたした腐った饅頭の話もかっこよかった。泣き笑いしそうだったよ。

    リュウタロス&侑斗
    冒頭で険悪な雰囲気の中、
    良太郎に「僕は一緒に戦っていいよね? 消えるの怖くないし」
    言ってしまうリュウタロス。
    なんてイマジンは空気を読めないんだーー! と思ったけれど、
    その後にどんより落ち込んでいるリュウタロスが本当にかわいそうでかわいそうで。
    今回は、立ち直った後のかわいらしい動きも含めて、
    リュウタの見所もたくさん入っていたなぁ。
    さて、段落始めのヤツですが。
    ひとり淋しくベンチに座っているリュウタロスを見つけた侑斗が歩いてきて、
    逆側のベンチに腰をかけ、
    リュウタロスと背中合わせにうつる一連のシーンも凄く良かったです!
    良太郎の気持ちがわからずに拒絶されたと落ち込むリュウタロスに、
    「逆だろ」(大事だから…)と励ます侑斗。
    なんて、お兄さんなんだ! 侑斗は意外と懐深いお兄さん気質がありますな。
    のちの桜井さんだから、おかしくも意外でもないんでしょうけど。
    でも、とてもかつてライダーバトルした二人とは思えないねぇ。
    今も色々変わってきて、大切にしたいものが増えていってますね。
    電王のキャラもそれを見守る私たちも。。。
    なんて、ちょっと悪酔いしすぎですね。すみません、、。

    その他、良かったシーン。
    【コハナちゃんと愛理さんのツーショット】
    店内を明るくしようと電気をつけよう(増やそう)とするんですが、
    コハナちゃんの様子を見て、ためらうんですv

    【駅長グッズを買い漁るデネブ】
    無駄遣いすんなー!!(笑)
    でも、タンクトップは似合っててよ(はーと

    【良太郎そのもののプラット永瀬さん】
    情報間違ってたら、ごめんなさい。
    いつもは高岩さん(モモ&電王全フォーム)が入っておられるんですが、
    今回はジーク役の永瀬さんが演じられたそうです。
    良太郎の声の相乗効果もあって、同じプラットさんに見えました。

    【ガンフォームからクライマックスフォームへ】
    泣けるで!

    【オーナーの言葉の後、何かを気づいたような良太郎】
    演技うまいよ、佐藤くん。
    演出も良かったけれど、引き込まれました。

    【狂い笑いをするカイ】
    あれ、どうやって演技するんだろう。監督と話合って、自分で考えたそうです)
    石黒くんの頑張りは素直に応援したくなります。
    電王の役者さんはみな好きですけどね♪


    さて、来週のストーリーがとても楽しみであります。
    ギャグは悪乗りしてそうな気がする。ちょっと嫌だな。(いやネガティブな思考はいけんね)

    抜け落ちていたのは、良太郎の記憶?
    ・・・てことですが、実は予告は録画の途中で切れてしまって見直すことができなかったので、
    自分の想像以外も混じっているコメントをちらほらと。
    緑のアルタイルフォームが出るそうですね。
    アルタイルフォームは他人の記憶を使って変身しているので、
    一番初めの変身では、良太郎の記憶を使ったとか??
    カイの記憶も使えたら面白いよね。
    まぁ、さっぱり、謎も予想もできませんので、
    大人しく来週を待つことにします。ではでは。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [319]  [318]  [314]  [312]  [310]  [309]  [306]  [304]  [302]  [300]  [297


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]